MENU

【対戦用語】10n-1にHPを調整する理由とは?

  • URLをコピーしました!

皆さんは10n-1という言葉を聞いたことはありますか?

10n-1とはポケモンのHP実数値を10n(10の倍数)から1引いた数字に調整することです。例えばHPの実数値が159のポケモンは10n-1調整と言えます。

今回は10n-1にHPを調整する理由について詳しく解説していきたいと思います。

早速見ていきましょう。

目次

【対戦用語】10n-1にHPを調整する理由とは?

10n-1にHPを調整する理由はいのちのたまの反動ダメージを最小にするためです。

いのちのたまとは技の威力が1.3倍になるどうぐで、攻撃技を使う度に最大HPの10分の1のダメージをくらいます。

エンペルトを例に考えてみましょう。

エンペルトのHPに努力値を4振ると、実数値が160になります。この数字は10nちょうどなので、16回技を使うと倒れてしまいます。

しかし無振りだと実数値が159、ちょうど10n-1になっています。こうすることで4振りより1ターン長く耐えられるようになります。

技の回数HPが160のエンペルトHPが159のエンペルト
1144144
2128129
3112114
49699
58084
66469
74854
83239
91624
10きぜつ9

なぜ10nと10n-1でダメージに差が生まれるのか

10nと10n-1でダメージに差が生まれるのは反動ダメージの小数点以下が切り捨てられているからです。

ポケモンのダメージは一部の例外を除くと小数点以下が切り捨てになります。

さっきのエンペルトで考えてみましょう。

4振りのエンペルトはHPが160なので、÷10すると反動ダメージが16であることが分かります。

そして無振りのエンペルトはHPが159、÷10すると15.9になります。ですが小数点以下は切り捨てなので、ダメージは15になります。

絶対に10n-1にした方が良いのか

行動回数が増えるのなら絶対10n-1にした方がいいじゃんと考える方もいると思いますが、無理やりやる必要はないと思います。

例えばエースバーンはHPに努力値を28ふると実数値が159になりますが、こうすると火力かすばやさを落とすことになります。

本来であれば倒せるはずの相手を倒せなかったり、素早いはずの相手より遅かったりします。倒されたりなんかすると本末転倒ですよね。

また10n-1にしたからといってこれが活きる場面はほとんどありません。10n-1にしたところでステロやあられを一回くらうだけで10nと同じになります。

なので、そうなったらラッキー、くらいでいいと思います。さっきのエンペルトみたいな感じですね。

まとめ

メモ帳・メガネ・ペン

10n-1にHPを調整する理由について解説しました。

今回紹介した内容をまとめると次のようになります。

・10n-1にHPを調整するといのちのたまの反動ダメージが最小になる

・10nとダメージに差が出るのは反動ダメージの小数点以下が切り捨てられているから

・無理にする必要はない

それでは今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる