MENU

【ポケモン考察】イシヘンジンのモデルはストーンヘンジ!?3つの理由と併せて解説します

アイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!

きょせきポケモンのイシヘンジン。

ビジュアル的にインパクトがあるため剣盾発売当初は少し話題になりました。冠の雪原が配信されるまでは出現率が低かったので捕まえるのに苦労したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

イシヘンジンの見た目が特徴的なのはイギリス(ガラル地方のモデル)にある世界遺産をモデルしたからだと思われます。

今回は「イシヘンジンのモデルはストーンヘンジ」という考察について詳しく解説させていただきたいと思います。

早速見ていただきましょう。

※記事内に本編のネタバレあり

目次

イシヘンジンとは?

イシヘンジンの画像

出典 イシヘンジン|ポケモンずかん

イシヘンジンとはソードシールド(第八世代)で登場したいわタイプのポケモンを指します。

草原で日の傾きを眺めながら生活しており、特技はダイナミックな蹴り技です。1年の間に1度だけ輪になって集まる習性がありますが、具体的な日時は謎に包まれています。

なおターフタウンにはイシヘンジンに似た岩がたくさん置かれていますが、恐らくこれはイシヘンジンをイメージしたものだと思われます。

またイシヘンジンの専用特性パワースポットは隣にいるポケモンの技の威力が1.3倍になります。なのでダブルバトルやマックスレイドバトルでの活躍が期待できますね。

ちなみにイシヘンジンは素早さ種族値が70と見た目の割にはそこそこ高く、最速にしてこだわりスカーフを持たせると最速130族を抜くことができます(強いとは言ってない)。

【ポケモン考察】イシヘンジンのモデルはストーンヘンジ!?

アイキャッチ画像

ストーンヘンジとはイギリスのソールズベリーにある円形に並べられた岩を指しており、世界遺産(文化遺産)にも登録されています。

ストーンヘンジには大きなものから小さなものまで様々な岩が並べられており、それぞれに名前が付けられています。中でも積み重ねられたものが多く、ほぞという突起で上と下の岩を繋いでいます。

ではなぜイシヘンジンのモデルがストーンヘンジと考察しているのか?理由をまとめました。

・イシヘンジンとストーンヘンジの形が似ている

・イシヘンジンの習性がストーンヘンジと一致している

・ガラル地方のモデルとなったイギリスにストーンヘンジがある

それでは1つづつ順番に解説させていただきたいと思います。

イシヘンジンとストーンヘンジの形が似ている

ストーンヘンジには大小様々な岩が存在しますが、中でも2つの大きな岩の上に1つの小さな岩が乗せられたものが多いです。

2つの大きな岩の上に1つの小さな岩…。イシヘンジンとほとんど同じですよね。イシヘンジンと上の画像を見比べるとどれだけ似ているかが分かります。

つまりイシヘンジンの見た目が特徴的なのはストーンヘンジを参考に生み出されたからだと考えられます。

またストーンヘンジの岩をよく見てみるとこけのようなものが生えていますが、イシヘンジンの体にも同様にこけのような黒い模様があります。

もしかするとストーンヘンジに生えているこけを再現したのかもしれませんね。

イシヘンジンの習性がストーンヘンジと一致している

イシヘンジンの図鑑説明文(シールド)を見てみると「1ねんに いちど きまった にちじに どこから ともなく あつまり わに なって ならぶ しゅうせいが ある。」と書かれています。

先ほどストーンヘンジが円形であることを紹介しましたが、イシヘンジンがストーンヘンジをモデルに造られているなら同じですよね。

つまり「イシヘンジンの輪になって集まる習性はストーンヘンジの円形をモデルにしている」ということが推測できます。

またストーンヘンジは夏至(1年で最も昼が長い日)になると様々な岩の直線上に太陽が当たって綺麗になるので、毎年6月21~22日辺りに祭りが行われています。普段は岩の近くへ行くことはできませんが、この日だけは特別に開放されます。

イシヘンジンの図鑑説明文(ソード)には日の傾きを眺めながら生活をしているということが書かれています。こちらは夏至のストーンヘンジを参考にしたということが考えられます。

参考 英ストーンヘンジで夏至の祭り、神秘の現象に2万3000人 写真18枚 国際ニュース:AFPBB News

ガラル地方のモデルとなったイギリスにストーンヘンジがある

ストーンヘンジはイギリスのソールズベリー平原にありますが、ガラル地方のモデルとなったのもイギリスです。

円形、形が似ている、日に当たる、極めつけには国が同じ。あまりにも似ている所が多いですよね。何の関係もないという方が難しいでしょう。

またガラル地方はイギリスを180度回転させたものになっています。なぜなら物語の終盤に訪れるシュートシティのモデルがロンドンなので、そのままだと場所がおかしいからです。

そしてイシヘンジンが出現する10ばんどうろとストーンヘンジの場所を比べてみると若干の誤差はあるもののほとんど一致しています。

もうこれ確定ですやん。

まとめ

まとめと書かれた画像

イシヘンジンのモデルはストーンヘンジという考察について解説させていただきました。

今回紹介させていただいた内容をまとめると次のようになります。

・イシヘンジンのモデルはストーンヘンジである可能性が高い

・理由は「イシヘンジンとストーンヘンジの形が似ている」

「イシヘンジンの習性がストーンヘンジと一致している」

「ガラル地方のモデルとなったイギリスにストーンヘンジがある」の3つ

ちなみにイシヘンジンはヒートスタンプというほのおタイプのわざを覚えます。

もしもこれが日に当たったストーンヘンジを表しているとすれば…。更に信憑性が高まりますね。

夏至関係でにほんばれも覚えるのかなと思って調べましたが、覚えませんでした。ですがストーンエッジはちゃんと覚えるみたいです。(笑)

それでは今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる